アーカイブ | 1月 2016

タオルを使った肌の血行改善方法

顔のくすみやクマはメイクでカバーする事ができます。しかし疲れが溜まってきた肌はメイクでカバーする事にも限界がありくすみやクマを根本的に改善してあげる必要があります。顔のくすみやクマの主な原因は肌の血行不良によるものなので、まずは血行改善を行なってあげるといいでしょう。血行改善のためにはマッサージやツボ押しが考えられますが、間違ったやり方をしてしまうと肌を傷めてしまうためもっと簡単な蒸しタオルを使った血行促進を行なってあげることをおすすめします。蒸しタオルを使うと肌が温められて自然と血行も良くなります。ただ蒸しタオルを使って温めるだけでは表面が温められるだけで血液までは温まらないため、蒸しタオルの他に冷たいタオルも用意します。そして蒸しタオルと冷たいタオルを交互に使って肌に乗せてあげます。こうすると血行は良くなっていき肌のくすみやクマも気にならなくなっていきます。蒸しタオルを30秒ほど乗せてから冷たいタオルを待た30秒ほど乗せてあげましょう。3セット位行うだけでも肌の血行は良くなります。前の日に飲みすぎてしまい血行が悪くなった肌も蒸しタオルと冷やしたタオルを使う事で比較的簡単に血行を良くしてあげる事ができます。朝の忙しい時にはお風呂に入って肌を温めるということもできないため、タオルを使って肌の血行を良くしてあげるといいでしょう。メイクのノリも違ってきて肌にもツヤが出てくるようになり老化防止にもつながっていきます。美容は精神的な要素や気分によって変わってきます。なんとなく気分が乗らない時は肌にもその影響が現れて来て調子が悪くなるものです。だから気分を良くする事が肌の調子をよくすることにも繋がります。最近気分が沈みがちなことが多いといった人はまず気分転換を行なってみる事が美容のための第一歩になります。気分転換の方法は人によっても違いがあり、思いっきり遊ぶことで気分を良くする事に繋がる人もいますし、掃除をする事で気分が変わるといった人もいます。特にいらない物を捨てる断捨離は気分転換になって効果的と言われています。断捨離とはいらない物を捨てる事で気分を入れ替える事を目的としているため、部屋の中を見渡してみて一度必要なものといらない物の区別を行なってみるといいでしょう。そしていらない物があるなら捨てて部屋を綺麗にします。部屋の中がごちゃごちゃしているとそれだけでも気分が重くなってしまい、そんな環境の中でずっと生活を送っていると表情にも違いが出てきてしまいます。明るく血行のいい表情にするためには部屋の中を綺麗にしてすっきりした状態に整えておく事がいいでしょう。ストレス解消に繋がりますし、部屋自体が広くなり気分的にも開放感にあふれた生活が送れるようになります。ストレスの溜まる生活を送っている人や、最近肌の調子が悪くてイライラしているなんて人は部屋の中を綺麗にするためにいらないものを捨てる断捨離を行なってみるとストレスを発散する事になります。蒲田 美容院

時代錯誤な理容と美容の区分け

今の時代の若い人たちにとっては、そもそもどうして理容室と美容室と言う区分が出来てしまっているのか、ということすら疑問に感じるかもしれません。それはもはや男性が美容室に行く事もあたりまえになってしまい、わざわざ理容室と美容室を区分して、客を取り合うような事をする必要性が解らなくなってしまっているかもしれません。歴史的に理容室と美容室と言うものは、ちゃんと区別する必要があった時代が確かにあり、そのために理容と美容と言うそれぞれの分野でなすべきことを定めた法律も存在し、その区別がきちんと定められていたのですが、もはやお客さんにとっては、そんな区別は意味をなさなくなってきているように思います。今となっては美容室が主流になってしまい、いかにも理容室が危うい立場に追いやられている様な気がしますが、広い目で見れば、どちらもヘアスタイルを整える場所であって、それぞれの店が工夫を凝らしたメニューをお客さんに提供している、と考えれば、その一つのあり方がシェービングも行う理容室であり、パーマやカラーに特化しているのが美容室、という考え方もできます。おそらく近い将来、理容師法・美容師法などという区別はなくなり、ひとつに統合される時代がくるのではないでしょうか。どのヘアスタイルでも同じですが、そのヘアスタイルが似合う人とそうではない人がいます。その似合う・似合わない、を左右するのは多くは頭の形、顔の形、顔のパーツの種類です。それらとヘアスタイルがバランスがとれたものであれば、似合うスタイルになる可能性が大きいですし、逆にアンバランスだと、どことなく変な感じ、滑稽な感じ、つまり似合わないというイメージになってしまいがちです。当然オンザ眉毛スタイルも「似合う顔」と「似合わない顔」があります。専門家の意見に基づいてどんな人ならオンザ眉毛スタイルが似合うのか、という事を調べてみました。今オンザ眉毛スタイルを検討している人も、ぜひどんな顔立ちならオンザ眉毛が似合うのか、という事を調べてみてほしいものです。なぜはらオンザ眉毛スタイルは一度前髪をバッサリ切ってしまうと、後悔しても当分元の前髪には戻せませんからね。まず考えなくてはいけないのは、オンザ眉毛スタイルにする、という事は眉毛より下の顔立ちが、他のスタイルよりもかなり強調される、という事です。ですから顔のパーツそのものにコンプレックスがある人は特に考えなくてはいけないスタイルだ、ともいえるのではないでしょうか。まずは一度自分ですべての髪の毛を上に上げて顔全体を見てみると想像がつくかもしれません。川口の美容室

最近流行の「今日は〇〇の日」

最近よく話題になるのは「今日は何の日か?」と言う事です。一般の人が自分の予定を考える、という意味ではなくて、その日その日が何かの記念日になっていて、情報番組などで「今日は何の日か?」と言う事が良く話題になっています。それは有名人の誕生日とか、有名なテレビ番組の放送開始日であったり、というようなものから、各業界が月日の発音や漢字表記などの語呂合わせなどで制定している日も有ります。最近ではまるで毎日が「何かの日」である、といってもおかしくないぐらいになってきたように思います。そんな中で美容室や美容にまつわる記念日がある事をご存知でしょうか?一般的にはそんなに話題になる事は少ないのですが、この業界にも「美容室の日」というのと「美容記念日」というのがあります。その他にも調べてみたら存在するかもしれませんし、今後もこの業界において功績があった人などに敬意を表して制定される可能性もあります。「美容室の日」も「美容記念日」もいずれもこの業界に功績のあった人に由来している日だと言われています。こういう日には、美容室や美容専門学校などでは、イベントを開催したり、何かのキャンペーンをしていたり、というような事もあるようです。調べてみるとおもしろいかもしれません。大昔の話をすれば、かつては美容師と言うのは女性が殆どで、女性が女性のヘアスタイルを整えるための技術を身に着けている人、という定義だったように思います。美容室も「パーマや」などと呼ばれていましたし、美容師も「先生」と言われて、女性客から慕われていたものです。ですが時代が男女の性差を感じさせないような風潮になってくると、男性でも美容師を目指す人が増えてきました。そしてそれと同時に男性が美容師を利用するケースもとても増えてきました。逆にこれまで女性美容師が当たり前であったのが、女性客の間でも男性美容師に対して抵抗が無くなり、むしろイケメン美容師とか、カリスマ美容師、などの言葉にも象徴されるように、まるで芸能人かのごとく男性美容師が注目される時代になりました。イケメンで腕の良い美容師は、モデルの様に雑誌などで取り上げられるようになりましたし、テレビ出演までして、まるで芸能人のような扱いをされる男性美容師も登場し、その情報を得た女性客たちの間で人気が沸騰し、その美容師がいる美容室では、予約が殺到したり、半年以上も予約が取れないような人気店になるケースが続出しました。男性美容師自身もテクニックだけではなく、自身のヘアスタイルやファッションも注目されるので、とてもおしゃれな存在になったわけです。能見台 美容室

似合う顔立ち

では具体的にオンザ眉毛が似合うのはどういう女性たちなのでしょうか。まず言われているのは目がパッチリしている人は間違いなく似合う、と言われています。目が大きい、パッチリしている、というのは女性が可愛い、と思われる第一条件の様なものです。つまりそれだけで目が大きいだけで、基本的には可愛いのです。ですからオンザ眉毛にする事でその事を強調すれば、尚の事可愛らしく見えるわけですね。この時に気を付けなくてはいけないのは、オンザ眉毛にする事で、大きな目が強調されるわけですから、メイクで目をさらに強調してしまうと、かなりくどい事になってしまいます。こうなると逆効果でちょっと老けた感じに見えるようですから気を付けたいものです。目が大きい、ぱっちりしている、という人はぜひ思い切ってオンザ眉毛に挑戦してみてはどうでしょうか。特に二重の人はかなり似合うようですよ。逆にそんなに目が大きくない人でもどうしてもオンザ眉毛にしたい、という人は、目を強調するようなメイクを施す事で、バランスが取れるかもしれません。またこのオンザ眉毛スタイルにすると「可愛らしさが強調される」効果があるようです。若く見られたい、可愛いイメージに見られたい、という人にはお勧めですが、キューるビューティーを目指す人には、あまり効果が無いかもしれません。一口に男性美容師はモテる、といっても、その男性美容師にも個人の性格や考え方がありますから、女性客に対する対応の仕方は様々だと思います。ですが実際に女性客からアタックされたことはあるか?と尋ねると、結構な割合で、そのような経験をした男性美容師は要るようです。アタックのされ方もいろいろあるようですが、さりげなく個人的な連絡先を聞き出そうとしてくるケースが多いようですね。大抵の場合男性美容師の方でも、このお客さんはもしかして…と感じてしまうケースが多いようです。そして基本的には多くの男性美容師たちは、お客さんと個人的な関係になる訳にはいかない、という事を肝に銘じています。それ以前に「お客さんの事はそういう目では見る事が出来ない」と言い切る男性美容師が圧倒的です。つまり男性美容師にとっては女性のお客さんと言うのは、まったくの恋愛対象外、というのが基本のようです。ですから逆に、気を惹こうとしている女性客に対しては、その下心を簡単に見抜くことができるのかもしれません。逆に言えば、女性のお客さんはどんなに楽しくおしゃべりをしてくれる男性美容師であっても、まずは自分の事は恋愛対象外なんだ、という所から始めなくてはいけない、という事を自覚しておかなくてはいけませんね。自由が丘駅 美容院 パーマ 縮毛矯正 トリートメント 安い おすすめ

彼も美容室も失う覚悟ができるか

男性美容師と言うのは、見た目だけでも素敵な男性が多いですから、そういう人が彼氏だったらいいのにな、とか一度でも良いからあんな素敵な人と一緒に歩きたいな、と思ってしまうのは無理も有りません。そしてその思いをかなえるために積極的にその男性美容師にアタックする女性のお客さんも結構いるものだと思います。ですがお客さんの方からしてみらたら、ダメ元だから…と軽い気持ちで声を掛けたりする事の方が多いかもしれませんが、実際にお客さんからそのような態度をとられた男性美容師にしてみれば、それは究極の所、お店に迷惑をかけるような事態に発展する事も想定しておかなくてはいけない事なんですね。もしも声をかけてくれた女性のお客さんに対いして、その行為を断った場合に、そのお客さんを傷つけてしまったり、その結果指名されなくなったり、人によってはお店を変わってしまうお客さんもいるかもしれません。そのお客さんがかなりの常連さんであったりすると、お店の売り上げに影響するようなケースもあるかもしれません。それを恐れている男性美容師は多く、おそらくお客さんに優しくする必要性と、過度な優しさは逆に女性客に気を持たせてしまう事になる、という境目に対していつも気を使っているものと思われます。女性客は男性美容師にアタックするならば、そういう事態を招きかねない事を良く考えなくてはいけませんね。男性たちが色々なヘアスタイルにこだわるようになると、これまで当たり前のように理容室を利用していた男性たちが、自分のなりたいヘアスタイルにするためには、理容室に行くだけでは物足りなくなってくるケースが増えてきたのでしょう。そもそも理容室と言う所は、はさみを使ってヘアスタイルを作るところですから、パーマやカラーリングと言う施術はやっていない所が殆どです。ですからトレンドを取り入れたスタイルにしよう、と思うならば、美容室に行かなくてはいけない、という事が増えたんですね。おそらく最初は男性たちも抵抗があったに違いありません。そもそも美容室と言うと事は女性専用のお店、というイメージでしたし、美容師もほとんどが女性たちでしたからね。ですから男性が美容室に行ってもいいんだろうか?という思いもあったはずです。オシャレな友人が美容室に行った、という話を聞いて、その美容室を紹介してもらったり、一緒に行ってもらったり、という事から始まった人も多いのではないでしょうか。ですがそれも今では懐かしい光景になりましたね。男性が美容室に来ても、今では何とも思いませんし、美容室に行っている男性の事を特別視する女性もいなくなったのではないでしょうか。むしろ未だに床屋に行っている、という方がちょっと恥ずかしい時代になったかもしれません。代官山 美容院

運動不足を補って綺麗になろう

女性の中には一日中デスクワークでほとんど移動しないといった人も多く、運動不足を気にしている人も増えてきています。ずっと椅子に座りっぱなしの仕事をしていると下半身のむくみや冷え性につながってしまうことから意識的に体を動かすようにしているといった人も多いようです。下半身を動かす機会が減る事は単に運動不足になるとかダイエットにならないといったことだけでなく、やる気の問題にもつながってきます。人は太ももの付け根を動かすことで幸福感を得ることが出来ると言われています。でもただ歩いているだけでは太ももの付け根を動かすなんて事は中々ありませんし、デスクワークを行なっていると特に下半身を動かす機会がなくなります。下半身を動かさない生活を送っているとうつ病になりやすくなると言われていて、ますます体を動かさなくなってしまう可能性もあります。仕事の時にデスクワークが中心で体を動かす機会の少ないといった人は家の中で足りていない分の運動を賄ってあげるようにします。台を持って来て踏み台昇降を行う事で階段を登っている事と同じような運動効果を売る事が出来ます。仕事をしているときもオフィス内の移動は出来るだけ階段を登って移動するようにすると下半身が鍛えられて幸福感を得られるようになっていきます。美容のためにメイクや化粧品にこだわっている人も多いですが、まずは根本的な美容のために体の内部から少しずつ変化をつけていくことが大事ですよ。美容に関する情報が色々と溢れているため、どんな情報が本当に美容に良い事なのか分からないと言うケースも良くあります。朝洗顔をするかしないかも賛否両論でどちらが良いのか分からないといった人も多いと思います。肌は洗い過ぎると肌を守るバリアや潤いが洗い流されてしまい乾燥につながってしまいます。そのため洗顔のやり過ぎは肌を確実に老化させるといえます。朝の洗顔も洗い過ぎの内に入るのかというとそれは違います。朝は洗顔をしたほうが美容に良いと言われています。夜寝ている間の肌は新陳代謝を繰り返し細胞が生まれ変わっています。生まれ変わりの過程で多くの皮脂が作られますが、この皮脂は肌の乾燥を防いでくれる働きを持っています。そのため洗い流す事は乾燥につながってしまいそうですが、寝ている間に分泌された皮脂の多くは酸化しています。酸化した皮脂は変性皮脂となり様々な肌トラブルと引き起こす事が知られています。そのため寝ている間に分泌された皮脂は朝の洗顔によって洗い流す事は美容にとって重要な事になります。もちろん洗い過ぎはいけませんので、洗顔料を使って洗うかどうかは夜中の内に分泌された皮脂の量と相談したうえで決めないといけません。普通の肌ならぬるま湯で洗うだけでも皮脂は洗い流せますので洗顔料にこだわる必要はありません。皮脂は32度位のお湯に溶けるため、そのくらいの温度で十分に肌は綺麗になります。朝の洗顔について迷っている人は洗顔料を使わずにぬるま湯で洗うようにしてみるといいでしょう。新宿 美容院

下半身のトレーニングと若さの関係

若さを維持する方法の一つとして下半身を鍛えるという方法があります。下半身を鍛えると若さが保てるというのはなんか繋がりがなさそうなイメージもありますが、研究の成果によって確かめられているようです。下半身を鍛えると若返りホルモンが分泌されるということが理由です。若返りホルモンと言うのはDHEAと呼ばれ、男性ホルモンや女性ホルモンの素となるホルモンです。このホルモンが無いと男性ホルモンも女性ホルモンも不足してしまうことになります。特に女性の場合は女性ホルモンによって若さが保たれているという事実がありますから、若返りホルモンが不足してしまうとそれだけ老けこむのも早いということになります。若返りホルモンの量が少ない人程長生きできないといったデータもあるため、若返りホルモンを分泌するために下半身を鍛える事は美容にもいいことになります。下半身を鍛える方法ならなんでもいいわけですが、日常生活の中で階段を使って移動するようにする事が一番効果が高いようです。駅に行けばどこもエスカレーターでの移動がメインになって階段を使わない人も増えてきていますが、あえて階段を使って移動することでダイエット効果だけでなく若返り効果も得ることが出来るようになります。家の中では階段が無いと言う人もスクワットを行なっていくと下半身を鍛えることに繋がり若返りホルモンの分泌を促すことが出来るようになります。下半身を中心に鍛えていき若さを維持出来るようにしてみてください。ダイエットのためだけでなく美容のためにも効果的と言われている断食。実際に断食を取り入れた美容法を行っている人も多く、うまくやれれば実際に痩せていきますし肌の調子もよくなります。しかし断食は簡単に成功させる事が出来る物ではありません。食べる物を制限することで摂取カロリーを下げることができてそれがダイエットに繋がりますが、食べないと言う事は代謝が下がるということでうもあります。代謝が下がった体では脂肪の燃焼効率が悪くなり、体に蓄えられた脂肪が効果的にエネルギーに変わっていってくれなくなります。また断食をしていると空腹に堪えないといけないため、暇な時間を持て余すことが多くなります。時間を意識すると空腹感を思い出していまう可能性が高く間食をしてしまいたくなります。断食中でとにかく大切なことは空腹を感じなくても言いように趣味の世界に没頭出来るようにすることです時間が余らないように自分の好きな事にいつでも没頭出来るように生活を工夫してみましょう。空腹感以上に趣味の世界にのめり込むことができていると断食しているという事も一時的に忘れる事が出来るかもしれません。断食は何日も続ける必要はありません。あまり食べない生活を送っていると食べた時のリバウンドに気をつける必要があります。ダイエットでやせることが出来てもダイエット後に太ってしまっては意味がありません。断食を行うときには空腹感に流されないこと、極端な断食には走らないことを肝に命じておきましょう。美容室 池袋東口 美容院 カット カラー 口コミ 人気 予約

どんなに素敵でも自分は客の一人である

みなさんは自分の担当をしてくれる美容師さんと言うのは、男性ですか?女性ですか? 異性の美容師に髪や肩周りを触られるのは抵抗がある、という女性もいますし、男性目線できれいにして欲しいので、男性美容師にお願いしている、という人もいて、それは人それぞれの性格や価値観だと思います。ですがおそらく女性ならば一度ぐらいは、自分の担当者ではないにしても、男性美容師の事を「素敵な人だな」と思った経験があるのではないでしょうか。学生の頃ならば憧れの素敵なお兄さん、という感じになるかもしれませんし、年齢を重ねると、可愛い子、とかこんな子が息子だったら、というような感情にもなるかもしれません。ですが、実際に年頃の女性であるならば、その男性美容師に対して、それ以上の感情を持ってしまうケースもあるでしょう。簡単に言ってしまえば、男性美容師と言うのは、誰もがオシャレで素敵な男性達です。その様な特別な感情を持ってしまう事は、当たり前と言っても良いぐらいかもしれません。ですが大抵のお客さんは、自分が客で相手が美容師であるという関係が、その気持を相手に伝える、という事の大きなハードルになってしまうものでしょう。実際に思い切って男性美容師にアタックしてみる、という女性はどのぐらいいるのでしょうか。美容家メイ牛山自身、自分の夫が何かの折にバラの花をプレゼントしてくれる事をとても嬉しく思っていたそうで、そんな優しい夫の為にも常に美しい自分でありたい、と思っていたようです。そのことがきっかけで、メイ牛山は美容記念日には、大切に思っている人にバラの花束やグッズをプレゼントする、という取り組みを広めたようです。またメイ牛山の「女性が常に美しく楽しいと感じる日々を送る」という願いを受け継いだ人達は、美容記念日には、メイ牛山の想いを継承すべく、パーティーを開催しているようです。その内容は単なるパーティーではなく、美容にまつわるイベントがたくさん行われているようです。健康ドリンクや美容ドリンク、体に優しい食べ物のブース、簡単な健康診断などたくさんの充実した催しが行われる様ですね。また飲食にまつわる事だけではなく、美容に関する相談会や、心の悩みにも応えてくれるようなカウンセリングコーナーも設けられていて、参加すると健康や美に関する考えが改められる一日となるようです。メイ牛山の功績が、こうやって今でも受け継がれて、美と健康を考えるきっかけを作る人なっている事は喜ばしい事です。現代に会っては、美を追求するのは女性のみならず、男性も同等になってきたこともまた喜ばしい事です。大名 美容院

「美容室の日」を制定した想い

「美容室の日」と言われてもあまり一般的にはなじみが無いかもしれませんが、実はそのころに合わせてキャンペーンなどをやっている美容室も多いようです。「美容室の日」は2003年に制定された様で、提唱者は正宗卓氏だと言われています。正宗卓氏は、日本で有名な美容師で「西洋髪結」という美容室を展開している方です。「美容室の日」は12月13日だと制定されています。なぜ12月13日なのか、というと色々な理由があるようです。ですがその日を制定した想いとして、日頃は「お客さまへの感謝の気持ち」と言っても漠然としていますが、それを意識する日を設ける事によって、より具体的にお客さまへの感謝の気持ちを表現する事が出来るのでは、と考えたから、とされているようです。確かにその12月13日に合わせて、美容室業界では様々なイベントを催したり、その周辺でキャンペーンをしたり、という具体的な取り組みをする美容室が増えてきているようです。確かに感謝の気持ち、というのは日頃から思っていても、それを表現するのはなにかのきっかけがないと難しいという所があります。分かりやすい所では「母の日」とか「父の日」といったようなものも、それに似ているかもしれません。具体的に日にちを示されることにより、なかなか言えない感謝の気持ちを言い表したり行動で示す事が出来るものですよね。美容室がコンビニ並みに件数を増やしている一方で、理容室の件数がどんどん減少している、というのが今の実態かもしれません。少なくとも今後新しくオープンする理容室というのは、限られているかもしれません。ですが理容室は理容室なりに、今後も生き残るため色々な創意工夫をしているようですから、簡単に廃れてしまう、とも思えません。美容室の方は美容室で、今やその件数は、飽和状態、と言われています。ですからオープンする美容室の件数も多いですが、その分閉店してしまう美容室の数も理容室の非ではない、と言われています。そうなってくると、理容室も美容室も、決して今のあり方がベストの状態、とは言えません。共に苦境に立たされている、と言っても良いかもしれません。そうなってくると、理容室と美容室で男性客を取り合っているような場合ではない、という事も言えるかもしれません。今までは理容と美容、という区別がはっきりしていましたから、共に別の次元で自分たちの成すべきことを工夫していけばよかったかもしれませんが、そういう時代ではなくなってきたのかもしれません。今後の将来を考えるにあたって、理容室は美容室を、美容室は理容室の長所を見出しながら、共に生き残っていく事を考えるべきなのかもしれません。ヘアサロン 門前仲町駅 カラー トリートメント 白髪染め クーポン おすすめ ランキング

イメージとは逆の男性美容師

一般的な感覚からしたら、女性の皆さんは男性美容師の事を「ちょっと軽い」なんて思っているのではないでしょうか。確かにおしゃれでおしゃべりが上手、優しい、などの男性美容師のイメージは、女性から声を掛けられたら快く応じたり、むしろ自分から女性に声をかけている様なイメージを持っているかもしれません。ですがオシャレであることも、おしゃべりが上手であることも、優しい事も、すべて職業柄です。ですから女性が思っているほど男性美容師は、女性との距離については慎重に考えている人が多いんですね。ですが女性側にはあまりそういう意識が無く、ちょっとアタックしてみたら、一回ぐらいデートしてくれるんじゃないか、なんて簡単に思ってしまうかもしれません。そしてその感覚で、男性美容師に一生懸命アピールしてみるけども、なかなか話に乗ってきてくれない、自分はそんなに魅力が無いのかな?それなのにそんなに優しい態度をするなんて…などど悩んでしまうかもしれません。女性の皆さんが知っておかなくてはいけないのは、男性美容師は、女性がイメージで描いているほど、女性に対して軽くはないんですね。むしろ女性客を担当する時には、決してお客さんと担当美容師の線を越えてはいけない、超えさせてはいけない、と頑なに考えている男性美容師の方が多いのです。「美容室の日」が年末の手前に設けられている事は、私達にとってはとてもありがたい事ではないでしょうか。12月13日が美容室の日であるという事で、各美容室がなんらかのサービスを行っているとしたら、新年に向けてすっきしりたヘアスタイルにしたい、と考えるお客さんにとっては、とてもありがたい事です。おそらくそのような思いは、この美容室の日を推奨した正宗卓氏の考えにも含まれていた、と思われます。年の終わりに新しい年に向って気持ちの良い出で立ちにしておきたい、というのは、かなり昔から日本人の風習としてあったと思われます。お正月がかつてよりもお正月らしくなくなった、と感じる近年でさえも「年末には美容室に入っておかなくては」と考える人はまだまだ多いものです。そういう12月に美容室の日があり、サービスが提供される、というのはお客さんにとっては願っても無い事です。実際に正宗氏は「年末に贅沢に美しくなってもらいたい」という気持ちを揉めて、美容室の日を設け、半額サービスを自信のサロンで提案してきた、と言われています。美容室側から考えたら、12月は書き入れ時であり、もっとも儲けの出る時期でもあるはずです。そんな大変な師走の一日に、半額サービスという大胆な日を設けた事には、とても感心させられますよね。綱島にある美容院