アーカイブ | 5月 2018

希望に対する提案

お客さんによっては美容師という髪の毛やヘアスタイルのプロがいるにもかかわらず、自分の希望を押し通すお客さんもいます。ですが多くのお客さんは「自分はこうなりたい」という意思表示をしながらも、プロである美容師の提案にも耳を傾けるものです。そういうお客さんは美容師がプロであり自分の髪の毛の質や顔立ちをみてもっと良くなる提案をしてくれる存在であるのだ、という事を解っているお客さんなんですよね。ですからカウンセリングで自分の好みのスタイルであり、一番自分にしっくりくるヘアスタイルを美容師と一緒に探し、そのためにはどういう施術をするか、という事を美容師と相談する事が出来るんですね。これは一番理想的な美容師とお客さんの関係である、と思われます。それが上手くいけばお客さんは自分の希望も叶えられますし、そのうえでプロの目から見たベストなヘアスタイルになることができます。美容師の方でも「お客さんの願いを叶える」と「自分の知識やセンスを生かすたことが出来る」という両方の達成感を得る事が出来るでしょう。ですが時にはこの美容師のアドバイスがお客さんにとっては「辞めておけばよかった」という結果になってしまう事もあるようです。それはもうお客さんの好みである、としか言いようが無く、美容師にとっては残念な結果となってしまいますね。お客さんが「なりたいスタイル」をきちんと意思表示してくる場合、美容師はその通りにヘアスタイルを作るしかありません。その場合お客さんはなぜそこまでなりたいスタイルを強調するのか、というと、お客さんには仕上がった時の自分の素敵な姿がイメージできているから、という事が言えるでしょう。ですがお客さんが抱くイメージというのは多くの場合、かなりヘアスタイルを探す時に見つけた画像に影響されていると思われます。「このヘアスタイルが素敵だな」と思う時には、おそらくマネキンがウィッグを被ったような画像を見ている訳ではないでしょう。モデルの人がそのヘアスタイルをしている画像を見ているのが普通です。そうするとどうしてもヘアスタイルだけではなくそのモデルの顔立ちも影響しているんですね。身体全体が映っている画像である場合ファッションも影響しているかもしれません。つまり自分ではない誰かのヘアススタイルを「素敵だ」と思っているときには、その人の顔立ちやファッションの影響力を避けられない、という事ですよね。ですからお客さんの仕上がりのイメージはそのモデルさんのイメージそのものであることがほとんどです。たとえば面長な人が丸顔のモデルさんの画像をみてそのヘアスタイルを希望した場合、仕上がりのイメージが思っていたのと違う、と感じてしまう事は十分に考えられます。美容師 業務委託 中途 求人 町田

ヘアカラーでどうなりたいのか

ヘアカラーに種類があるのは、その目的が違えば使う薬剤も違ってくるから、と言えるでしょう。ですから自分がヘアカラーをする目的は何なのか、という事をきちんと解っておかなくてはいけませんし、それを正しく美容師に伝える必要性がありますね。たとえば「髪色を明るくしたい」というのが一般的なヘアカラーの目的と言えるでしょう。この場合はアルカリ性カラーを使用するのが一般的で、求める明るさによってはブリーチも必要になります。当然ですが二段階の工程を踏むので、料金も時間もかさみます。おそらく次に多い目的として「白髪を染めたい」という事があるです。これもアルカリ性カラーで対応するのが普通です。白髪を染めるのと同時に、自分の好みの髪色を楽しむ事ができます。「白髪を染めたいけれども髪の毛や頭皮は大切にしたい」という事であれば、ヘアマニキュアやヘナカラーと言う選択になるでしょう。残念ながら頭皮や髪の毛を大切にする事を優先すると、染まりにくかったり色を選ぶ範囲は狭まってきてしまいます。自分が譲れないものはなりたい髪色なのか、それとも頭皮や髪の毛の質なのか、という事を決めてから美容師に相談するのが良いと思われます。たとえば自分では気づいていなくても美容師の目から見ると髪質によって合う薬剤とそうではない薬剤もあったりするかもしれません。ヘナカラーはアルカリ性ヘアカラーやヘアマニキュアとは種類が全く違って、植物の成分で出来ているヘアカラーです。ですからもっとも頭皮や髪の毛への負担が小さい、と言われています。ですが天然成分であるために染める事の出来る色の種類は少なく、人工的な明るい髪色にする事はヘナカラーでは無理です。また髪質によって染め具合にも大きな違いがある様で、染まりにくい体質の人には効果が表れにくかったり、時間がかかったりする、というデメリットがあります。それを解消するために「ヘナカラー」というメニューであっても、天然成分100%ではなく、他の薬剤と混ぜ合わせて染色時間や強さなどをコントロールしているケースも有ります。ですから自然成分にこだわってヘナカラーを希望する時には、その点を確認した方が良いかもしれませんね。どうしてもこだわりたいときには美容師に100%ヘナカラーでお願いしたい、という趣旨を伝える方が良いでしょう。ダメージが少ないので、安心ではありますが、思った様な髪色に出来ない事も多いですし、天然成分と言う事で、どうしても料金が高めになってしまう事が残念ですが、長い目で見ればダメージケアのためにトリートメントなどを繰り返す事を考えると、トータル的には決して高いメニューではない、と感じる事もあるかもしれません。美容師 業務委託 中途 求人 横浜

5ファクターダイエットって本当に効果あるの?どんなやり方?

ダイエット法の中でも、今人気になっているやり方の中に、「5ファクターダイエット」というのがあります。

少し変わった名称ですが、5ファクターダイエットは、食事の回数を一日5回にする方法です。

一般的には、食事を5回もしていたら太ってしまいそうな気がしますが、5ファクターダイエットでは、5回にすることで食べ過ぎを防いで痩せることができるのです。
さらに、5回の食事でとる食品も何でもいいというわけではなく、ポイントがあります。

○5ファクターダイエットは食事時間にも決まりがある?

5ファクターダイエットでは一日5回食事を摂るのが基本ですが、何時にとってもいいというわけではありません。

自分が一日起きている時間を5分割して、食べる時間を割り出します。
例えば朝の5時に起きて21時に寝る人なら一日16時間起きている計算になり、5で割ると約3時間。

3時間ずつ区切って、3時間ごとに食事をとる計算になります。
5回の食事で、大量に食事をしていたら確かに太りやすいですが、5回の食事で少量をこころがけていれば、太る心配はほとんどありません。

○5回の食事の中で野菜や大豆製品、フルーツをたくさん摂り入れる

5ファクターダイエットでは、5回の食事でとるものに、ほんの少し制限があります。
それは、パンやご飯などの主食は避けて、豆類やフルーツ、野菜をたっぷり取り入れることです。

パンやご飯、麺類などの炭水化物は糖質の上昇を高くしてしまい、脂肪に転換しやすいため、避けた方がいいのです。
野菜や果物、豆類であれば、糖質が脂質に変わりにくく、太りにくいと言えるでしょう。
小顔になりたい!という女子は多いでしょう。

小顔は美人の象徴であり、顔が小さければ全体のバランスもよく見えてスタイルが綺麗に見えますよね。
顔が大きく見えてしまう、あるいは一時的に顔が膨張してしまう原因は様々ですが、その中には、塩分の取り過ぎによって、顔がむくんでいるからというものがあります。
むくみがあるだけで、顔がボテっとして見えてしまいます。

この場合、塩分を外に出してくれるカリウムが豊富な食材を取り入れるといいとされています。

○塩分を排除して小顔が目指せる食材とは?

塩分を必要以上に体内に取り入れてしまうと、体内の水分のバランスが崩れてしまい、顔がむくみやすくなってしまいます。

このむくみを解消してくれるのが「カリウム」という成分です。
体にたまった余分な塩分を排出してくれ、顔をスッキリしてくれるでしょう。
それでは、カリウムが豊富な食べ物には一体どのような食べ物があるのでしょうか?

以下のような食材をご参考にしてみてください。
・ひじき
・切干大根
・きゅうり
・スイカ
・バナナ
・キャベツ
・大豆
・アボカド
・ホウレンソウ
・にんにく
・わかめ

このように、カリウムが豊富な食材は意外とたくさんあります。

○利尿作用の高い飲み物も効果的!

体にたまった余分な水分や老廃物を出すために、利尿作用を促進してくれる飲み物を取り入れるのも小顔対策になります。
利尿作用が高く、おすすめの飲み物には次のようなものが挙げられます。

・緑茶
・ウーロン茶
・コーヒー
・紅茶
・ミネラルウォーター(硬水)

むくみが解消されれば、顔周りもスッキリして小顔に見えるでしょう。

美容師 業務委託 中途 求人 表参道

長所と短所を教えてください

良くある質問の一つに「あなたの長所と短所を教えてください」と言ったものがあります。これもかなりの定番なので簡単そうに思えます。ですがこの質問はただそれを応えればよい、というわけではありません。すべての質問において言えるのですが、用意してきた答えをただ述べるのであれば面接をする意味はないのです。そうではなくていかにその質問について考えて、いかに相手に分かってもらう様に答えようと努力するか、という事が求められていると思われます。たとえば長所を聞かれて「あきらめないで取り組む事ができます。」と答えたとします。おそらく「そうですか」で終わる面接は有りません。たいていの場合面接官は「たとえばどのような事ですか?」とか「それを表すエピソードがあれば教えてください」と言ってくるはずです。そうやって話を続けることで、それが用意してきた答えなのか、本当に自分をその様に分析しているのか、という事を判断しようとしているのだと思います。極端な話、「短所は?」と聞かれて「短所は無い方が良いだろう」という考えはまちがっています。差し障りのない短所を言おうと思うよりも、その短所について今後この美容室でどのように克服していきたいか、という事を述べる事が必要にってくるでしょう。新卒で美容室に就職しようとする人なら必ず聞かれる質問が「学生時代には何を学びましたか」とか「学生時代で印象に残っている事は何ですか」といった質問だと思います。ここで印象に残る答えや、その答えに対してさらに話が弾む様な答え方をするためにはより具体的な事を述べるのが良いと思われます。たとえばコンテストで入賞した、といった類の事です。どこで何をしてどう感じたか、という事をが言えるようにしておくことが良いと思われます。ですが誰もがコンテストの入賞経験があるあわけではありません。それでもより具体的な答えの方が印象に残ります。たとえば「友情の大切さを学びました」と述べるのと「友人とこんなエピソードがあって、その時私はこう考え、結果的にこうなった」という具体的な事例を述べる方も、面接官としてもより話を膨らませるための質問をしやすくなります。ですからこの質問にどう答えるか、という事に関しては色々なエピソードとそれに対して自分がどういう考えを持っていたのか、という事をまとめておくとよいでしょう。余裕があるならば答えをいくつか用意しておき、面接官の雰囲気などによって、どのエピソードを使うか、という事をその場で判断するのが良いと思いますが、緊張しているとなかなか難しいかもしれませんね。美容師 高給与 中途 求人 柏