タグアーカイブ | 希望

希望に対する提案

お客さんによっては美容師という髪の毛やヘアスタイルのプロがいるにもかかわらず、自分の希望を押し通すお客さんもいます。ですが多くのお客さんは「自分はこうなりたい」という意思表示をしながらも、プロである美容師の提案にも耳を傾けるものです。そういうお客さんは美容師がプロであり自分の髪の毛の質や顔立ちをみてもっと良くなる提案をしてくれる存在であるのだ、という事を解っているお客さんなんですよね。ですからカウンセリングで自分の好みのスタイルであり、一番自分にしっくりくるヘアスタイルを美容師と一緒に探し、そのためにはどういう施術をするか、という事を美容師と相談する事が出来るんですね。これは一番理想的な美容師とお客さんの関係である、と思われます。それが上手くいけばお客さんは自分の希望も叶えられますし、そのうえでプロの目から見たベストなヘアスタイルになることができます。美容師の方でも「お客さんの願いを叶える」と「自分の知識やセンスを生かすたことが出来る」という両方の達成感を得る事が出来るでしょう。ですが時にはこの美容師のアドバイスがお客さんにとっては「辞めておけばよかった」という結果になってしまう事もあるようです。それはもうお客さんの好みである、としか言いようが無く、美容師にとっては残念な結果となってしまいますね。お客さんが「なりたいスタイル」をきちんと意思表示してくる場合、美容師はその通りにヘアスタイルを作るしかありません。その場合お客さんはなぜそこまでなりたいスタイルを強調するのか、というと、お客さんには仕上がった時の自分の素敵な姿がイメージできているから、という事が言えるでしょう。ですがお客さんが抱くイメージというのは多くの場合、かなりヘアスタイルを探す時に見つけた画像に影響されていると思われます。「このヘアスタイルが素敵だな」と思う時には、おそらくマネキンがウィッグを被ったような画像を見ている訳ではないでしょう。モデルの人がそのヘアスタイルをしている画像を見ているのが普通です。そうするとどうしてもヘアスタイルだけではなくそのモデルの顔立ちも影響しているんですね。身体全体が映っている画像である場合ファッションも影響しているかもしれません。つまり自分ではない誰かのヘアススタイルを「素敵だ」と思っているときには、その人の顔立ちやファッションの影響力を避けられない、という事ですよね。ですからお客さんの仕上がりのイメージはそのモデルさんのイメージそのものであることがほとんどです。たとえば面長な人が丸顔のモデルさんの画像をみてそのヘアスタイルを希望した場合、仕上がりのイメージが思っていたのと違う、と感じてしまう事は十分に考えられます。美容師 業務委託 中途 求人 町田